赤ら顔(常に顔が赤い)に悩む人へ向けた経験者からの赤ら顔用化粧水と治し方研究レポートサイト

MENU

私と一緒に赤ら顔を改善しませんか?

「顔が赤いのが辛い!赤ら顔用化粧水と治し方研究レポート(イチ経験者談)」にようこそ!管理人のユミ(アラフォー)です。私は、中学生の頃から赤ら顔に悩んでいました。中学生、高校生の頃は赤ら顔を治すにはどうしたらいいのか?それが人生の全てのような感じでした。四六時中いつも顔が赤いことが頭から離れませんでした。

 

だけど、今は赤ら顔は中学、高校の時が度合10だとすると、今は0.5くらいに軽くなりましたし、赤ら顔のことが頭をよぎることは今では2年に1度あるかないかくらいです。もう改善した。克服できた。治ったと言っても良いと思います。

 

コチラでは、私の辛い経験も含め、いつも顔が赤いことに対してどうしていけばよいのか?赤ら顔を改善するにはどうしたらよいかをお伝えしたいと思います。

 

今、赤ら顔のために絶望していても、いつかきっと気にならなくなる時が来ます!希望を持ってください!

 

赤ら顔を改善した管理人のユミ


えっ!?こんな商品があったの?赤ら顔改善アイテムランキング

これまで赤ら顔を治すために、ネットで色々と情報を集め、頑張ってきた人も多くいらっしゃることと思います。

 

私は、本ページで、赤ら顔に良いと言われている化粧水や洗顔、サプリメントなど全ての商品を自分で実際に購入し、使用実感や効果を踏まえた独自のレビュー・ランキングを作成しています。

 

一般的に赤ら顔対策はこうだとかあ〜だとか色々なサイトがありますけど、このサイトは、赤ら顔に実際に悩んでいた私が作成しているサイトです。その辺のあたりさわりのない情報サイトと一緒にされては困ります。

 

どんな赤ら顔対策も自分には効果が無かったと絶望している人は、そろそろ赤ら顔対策の商品を試してみるべき時かもしれません。

 

赤ら顔を改善した管理人のユミ


白漢しろ彩1
白漢しろ彩2

 

最近登場した赤ら顔の人向けの化粧水。フランスの地中海でとれる海洋性エキスが血流を整え、顔の赤みを改善する効果があると発見。それを成分に含んでいます。また、世界特許の独自技術で肌への高い浸透性が実現されています。

 

私は、当ランキング3位のNu:アカラフォーミュラも使用していたことがあります。どちらも良いと思ったのですが、私個人的には、白漢しろ彩の方が良いと思っています。その理由は…

 

コスパが良いから続けやすい
  • Nu:アカラフォーミュラ50ml/通常購入18,000円(定期コースは通常価格より10%〜15%オフ。さらにポイント還元も。)
  • 白漢しろ彩100ml/通常購入5,600円(定期コースだと20%オフの4,480円)

純粋に容量、価格だけを比較すると、商品価格で3倍以上の差があり、容量も考慮に入れると6倍以上の価格差があります。赤ら顔は改善したいけど、続けるためにはコスパは気になっちゃいますからね。

 

化粧水だからバシャバシャ気軽に使える

コスパの面とも関連していると思いますが、白漢しろ彩は、デザインも普通にオシャレな化粧水のデザインでして、更には化粧水ということもあり、気軽に気楽にパシャパシャ使えます

 

Nu:アカラフォーミュラは、ありがたい感じが強すぎて、使うときに自分の赤ら顔を妙に意識してしまうことがあり、気が重いといいますか、症状が改善しはしましたが、赤ら顔のことを考える頻度が増えてしまったということがありました。

 

白漢しろ彩ではそういったことはなく、赤ら顔のことが頭をよぎることなく使用を続けることができます

 

使用感が良い

肌を正常化してくれている感覚があります。べたつきがない、かといってかさつきもないといった奇跡的な最高の状態をかなりの時間キープしてくれていることを実感できます。

 

赤ら顔を治すといっても、劇的に顔を改造するわけにはいきませんから。肌が良い状態を維持できている時間が白漢しろ彩のおかげで増えていて、それにより少しづつじわじわと安全に赤ら顔を改善していっているのを実感しています。

白漢しろ彩<化粧水>スキンローション 内容量/100mL
全成分/水、BG、グリセリン、ベタイン、DPG、1,2-ヘキサンジオール、プランクトンエキス、アルギニン、クエン酸Na、シクロヘキサシロキサン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、ステアリン酸グリセリル(SE)、オクタカプリル酸ポリグリセリル-6、リン酸アスコルビルMg、PEG-60水添ヒマシ油、プラセンタエキス、グリコシルトレハロース、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、ステアリルアルコール、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、PPG-6デシルテトラデセス-30、加水分解水添デンプン、ベヘン酸、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)、クエン酸、メタリン酸Na、酢酸トコフェノール、キサンタンガム、エチルヘキシルグリセリン、トコフェロール、ポリ-ε-リシン、シクロペンタシロキサン、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、センキュウエキス、ショウガ根茎エキス、セラミドNGカンゾウ葉エキス、セラミドNP、ブクリョウエキス

白漢しろ彩の詳細

「白漢しろ彩」のみで赤ら顔を改善

みなさんは化粧水で自分の赤ら顔を改善することはできると思いますか。これは私が化粧水で小さな頃からの悩みであった赤ら顔を実際に治した体験なのですが、赤ら顔で悩みの方にも是非試してほしいです。

 

私が使用した化粧水は「白漢しろ彩」で、ほかの化粧品とは併用してしようせず、これのみで日々のケアをしていました。「白漢しろ彩」は低刺激性のものなので普段、化粧水でピリピリしたりする人にも安心して使用することができます。

 

私が赤ら顔を治した方法は朝と夜にこの化粧水をケチることなくたっぷりと顔に浸透させるだけで、ほかの化粧品は使わないことが大きなポイントです。化粧水ですが保湿力も充分あるので、クリームなどは必要ありません。

ヒリヒリしない化粧水「白漢しろ彩」

赤ら顔に効果がある化粧水ってあまり作られていないですよね。私は赤ら顔になりやすく、試しで買った化粧水はほとんどがつけるとヒリヒリしたり、しみたりして使えなくなるので悩んでいました。

 

インターネットでたまたまみつけた「白漢しろ彩」という化粧水を今は使っているのですが、継続して使える化粧水に出会ったのは久しぶりです。「白漢しろ彩」は赤ら顔に効果を発揮する化粧水で、私は赤ら顔の中でも酷いほうなのですが、ほとんどヒリヒリすることなく使えています。

 

まだ使い始めたばかりなので効果は感じられていませんが、継続して使用すれば効果を感じられるものだと私は思っています。化粧水がしみて何を買えばいいのか分からない方にもおすすめできます。

白漢しろ彩は保湿力も高い

ある日、赤ら顔が酷くなり皮膚科へ行ったのですが、医者に「化粧水や保湿クリームは絶対につけないでください」といわれました。確かに顔の肌トラブルは自分の肌に合わない化粧品が原因の場合が多くありますが、少なくても私は今まで使っていた化粧品が原因とは思っていませんでした。

 

そのため、化粧品の使用を止めたところで赤ら顔が治るとは思えず、何もケアしないと逆に潤いがなくなってカサカサしてしまう不安がありました。赤ら顔やデリケート肌にも使える、低刺激性の化粧水を探して見つけたのが「白漢しろ彩」です。

 

「白漢しろ彩で赤ら顔を治った」という口コミをみたので私も購入したのですが、使用し始めてすぐに保湿力の高さを感じました。3か月ほど使用して、顔の赤みも徐々に減ってきています。

(参考)
白漢しろ彩公式サイト

ULUシェイクモイストミルクの画像1
ULUシェイクモイストミルクの画像2

 

ULUシェイクモイストミルク(ウルウシェイクモイストミルク)も赤ら顔対策の商品として人気があります。公式サイトを見てみると、まぁ、それなりに良さそうだなといった具合の印象を持ったのですが、実際に購入してみてちょっとびっくり。

 

赤ら顔を改善するということへの徹底具合では、この商品がナンバーワンなのではないか?とさえ思えました。

 

というのは、商品に同封されていたパンフレットに書いてあったこと…「水道水の塩素もダメージになる」という一言。

 

私自身、今は、洗顔料は基本使いません。肌の調子を見て、一、二カ月に1度使うくらいで、「水洗顔&白漢しろ彩ケア」をしています。これで私は角質培養がうまくできている感覚があり、現状、赤ら顔は出ていません。

 

ですが、ULUシェイクモイストミルクのパンフレットには、「水道水(塩素)さえもダメージになる」と書いてあったわけです。ちょっと衝撃的でした。

 

ULUシェイクモイストミルクは基本的には赤ら顔対策化粧水ですが、ULUシェイクモイストミルクを使用して水道水無しの洗顔をしましょうと提唱していたのです。

 

  1. コットンにULUシェイクモイストミルクを染み込ませ、汚れ・過剰皮脂の部分を抑え、数秒後に優しくふき取る。
  2. コットンの裏返して綺麗な面で顔全体をパッティングするように抑えた後、優しくふき取る。

これで以て洗顔とすると書いてあるのです。その後、化粧水としてULUシェイクモイストミルクで保湿ケアをして完了という流れ。確かに、これなら、水道水の塩素すら肌に与えないということになります。

 

私の実践している「水洗顔&白漢しろ彩ケア」も皮脂を除去しすぎることなく、また、余計な化学物質の刺激を与えないことでの細胞培養ということでは中々のものだと思いますし実際私はそれで満足していますが、理論上では、「ULUシェイクモイストミルクでの洗顔&保湿ケア」はその上を行きます。

 

体調のすぐれなかった人が水・空気がキレイな田舎に移住したら体調改善できた…ということがありますが、そういったことを想像していただけるとわかりやすいかなと思います。

 

洗顔料、各種化粧品等、さらには塩素の含まれる水道水による刺激を与え続けたことで、肌が正常な状態ではなくなってしまっていて、結果、今赤ら顔である…という場合、「ULUシェイクモイストミルクでの洗顔&保湿ケア」を試してみる価値はあると思います。

ULUシェイクモイストミルク(美容液) 内容量/110mL
全成分/水、スクワラン、トレハロース、セラミド2、セラミド6U、セラミド3、セラミド5、セラミド1、ヒアルロン酸Na、タンブリッサトリコフィラ葉エキス、ホホバ種子油、ノバラ油、ダイズステロール、水添レシチン
※水は浸透水を使用。(角質層まで浸透)
※ダイズステロール・水添レシチンはセラミド原料の含有成分。

ULUシェイクモイストミルクの詳細

デリケート肌もULUで改善

デリケート肌の私は今まで合わない化粧品が多く、刺激の弱いものを選んでもしみることがほとんどでした。ですが、様々なものを試してきた中で唯一私のデリケート肌に適したのが「ULU」です。使用してみた感じはべたつくと思っていたのですが、むしろ比較的サラサラしたもので、ミルクというよりは化粧水と思っていた方がいいかもしれません。

 

オールインワンにしてはさっぱりしているので、夜だけでなく忙しい朝にもこれ1本で保湿までのケアができます。皮膚科に通うほどのデリケート肌の私でも使用できたので、同じような悩みを抱えている人はULUを使用してみると改善されるかもしれません。実際に私のデリケート肌はULUで大分良くなりました。

ULUの長期的な使用で肌が生まれ変わる

ULUを半年間使用しました。使い始めてから2か月ほどで肌に透明感が出てきた感じがしました。私は人に心配されるくらいの赤ら顔だったのですが、赤みが少しずつですが改善されたことが透明感を引き出したのではないかと思います。そして半年ほど入浴後に使用して赤ら顔はかなり改善されました。

 

定期的に皮膚科へ通っていたのですが、今では皮膚科へいかなくても大丈夫になりました。効果を実感するのには多少はかかりますが、時間をかけて肌が生まれ変わるので継続して使用することですね。「すぐに赤ら顔が改善される!」このように書かれているものよりも長期的な使用で効果を発揮するもののほうが信用できます。もちろん、コスパも良いです。

皮膚科へ通うほどの私が気持ちよく使用できる「ULU」

私は肌荒れが酷く、化粧水もしみるので使用できないほどでした。特に悩んでいるのが小さな頃からの赤ら顔で、こればかりは皮膚科へ通うしか改善方法はないと思い、長期間通っていたのですが、あまり改善されませんでした。悩んでいた時期に母親がたまたま巣飼っていたULUを興味本位で顔につけたのですが、とても気持ちよくてびっくりしました。

 

ULUは全くしみないうえに、長期間の使用で赤ら顔が改善されるという情報を知ったので、迷わず購入しました。商品が届いたとき、ドキドキワクワクが止まらなかったです。さらっとした付け心地で、まだ使用し始めたばかりなので赤ら顔の改善効果は出ていませんが、とにかく継続して使用したいと思います。

(参考)
ULUシェイクモイストミルク公式サイト

Nu:アカラフォーミュラ

白漢しろ彩に出会うまで使っていた赤ら顔対策美容液。

 

Nu:アカラフォーミュラ購入者の感想・レビュー
Nu:アカラフォーミュラを購入してみました。

Nu:アカラフォーミュラ一式
私は、代引きクレジットカード払いにしたけど、現金での代引きや銀行振り込みもできるみたいです。
右の写真がNu:アカラフォーミュラ一式です。
Nu:アカラフォーミュラ50mlと、アンケート用紙、万が一不良品だった際の対応についての説明書、定期購入やその他商品の案内、そして、「赤ら顔」という本が入っています。
書籍赤ら顔1
裏面を見ると、定価1400円って書いてある。これはちょっと得した気分だね。
書籍赤ら顔2
本を読み始めるところに、女優の由美かおるさん、山咲千里さんの顔写真とこの本に対する感想みたいなのが載ってる。とりあえず、おお凄いじゃないか!?と驚いておこう。

 

この本を書いた木村さんと言う人はエステティック業界の第一線で30年活躍してきた人らしい。そして、アカラフォーミュラを発売しているヌーベルコスメティックの母体になるのかな?ヌーベルエステティックの創始者らしい。

 

赤ら顔もだけど、シミ、やけど、キズ痕、肌われなど、色々な肌トラブルについても書かれている本みたい。ざぁっ〜と目を通した感じ、人生をこれに捧げた人なんだろうなという印象。

 

Nu:アカラフォーミュラ50ml
とりあえず、本はおいおい読んでいくとして、一番のお目当てはこのアカラフォーミュラ。手に取ってみたのが写真右。さらっとしているようで若干ドロッとした要素も含まれている感じですかね。ニオイは無臭ではないが、臭いというわけではなく、かといっていい香りというわけでもない。

 

赤ら顔に良い物を入れたらこういうニオイになりましたってことなのでしょう。不快ということはないですね。

 

説明者に朝・晩の洗顔後に軽く水気をとった後、少量(5プッシュくらい)を手に取って付けてくださいとあるので、その通りにやってみた。

 

肌に刺激は全く感じない。優しく成分が浸透するように馴染ませてみた。

 

これで毛細血管のうっ血を抑制、皮膚の炎症を軽減させるというセイヨウサンザシエキスと血液の末しょう循環を促進する働きがあるというアルニカ花エキスを私の肌に取り込むことができたわけです。

 

50mlを私は購入したので、1ヵ月程、これを毎日使い続けることができます。どうなるか楽しみ。

 

赤ら顔に対する商品って全然ないですからね。基本的に。あると試したくなりますよね。赤ら顔が治ったら、赤ら顔さえ治ったら人生変わりますよね。本当に。

 

あ、そうだ。このアカラフォーミュラは品質保持のため、常に冷蔵で保存しなきゃいけないみたい。なんだか、それなりの理由があってこだわっているのでしょうね。本格的で期待アゲポイントですよね。

 

私は、ただ赤ら顔が治ればいいって思ってるだけの人だけど、中には、ものすごく勉強してて、成分をきっちり把握しておきたいという人もいるかもしれないですよね。ヌウ:アカラフォーミュラの配合成分も書いておくわ。

 

ヌウ:アカラフォーミュラ(美容液)50ml【配合成分】
水、BG、乳酸Na、コンドロイチン硫酸Na、水溶性コラーゲン、加水分解エラスチン、ヒアルロン酸Na、ビフィズス菌培養溶解質、セイヨウサンザシエキス、アルニカ花エキス、アルテア根エキス、甘草、グリチルリチン酸2K、スギナエキス、ホップエキス、マツエキス、レモンエキス、ローズマリーエキス、尿素、アスパラギン酸、グルタミン酸、アラニン、デキストリン、へキシレングリコール、スクロース、グルコース、フルクトース

全ての動物性成分、界面活性剤、防腐剤、酸化防止剤、殺菌剤、アルコール、ホルモン、オイル、香料、着色剤、重金属化合物、合成樹脂は一切使用していないって書いてあったわよ。だから冷蔵保存しなくちゃいけないのかもね。

 

Nu:アカラフォーミュラ公式サイト
http://www.nouvelle-cosmetiques.com/

Nu:アカラフォーミュラを信じて良かった

私は小さい頃からお肌がとても弱く、どんなにケアしても赤ら顔になり、とても悩んでいました。赤くなりやすい顔を理解してくれる医者があまりいなく、ほとんどの医者が「赤ら顔は化粧品の使用が原因だから、それを止めれば徐々に改善されていく」といわれるばかりです。

 

化粧品を使用していない頃から赤ら顔であったのに化粧品が原因なんてあり得ないと思い、「Nu:アカラフォーミュラ」という美容液を試しました。インターネットにも美容液で赤ら顔を改善するのは難しいという情報が多くある中でも私は信じて「Nu:アカラフォーミュラ」を使用し続けました。

 

その結果、小さな頃からずっと悩み続けてきた赤ら顔が2週間ほどから改善されていきました。信じて良かったです。

Nu:アカラフォーミュラで透明感のある肌に

私は綾瀬はるかさんのような白い透き通った透明感のある肌に憧れていました。そのためにはどうすればいいのかを長年の間悩み続けてきたのですが、最終的に辿り着いた答えは「Nu:アカラフォーミュラ」という美容液を使うということです。

 

私の肌に透明感がないのは赤ら顔が原因で、皮膚科へ行ってもエステへ行っても改善されることはありませんでした。赤みを化粧下地やファンデーションで毎日隠していたのですが、今は「Nu:アカラフォーミュラ」のおかげですっぴんでも街を歩けるほどに赤ら顔は改善され、透明感のある肌に近づいてきました。

 

効果に即効性はなかったのですが、徐々に少しずつ赤みが減ったことを感じました。継続して使用したいと思います。

赤ら顔改善以外の効果もある「Nu:アカラフォーミュラ」

最近、「Nu:アカラフォーミュラ」という美容液を使用したのですが、お肌の調子が良くなってきたと感じています。「Nu:アカラフォーミュラ」は赤ら顔に効果的な美容液なのですが、私には化粧水や保湿効果など、オールインワンの効果を感じています。

 

お値段が高すぎるという口コミをよくみるのですが、値段にあった効果があるという口コミもありますし、効果があるかないかは個人差が大きいようです。美容液で赤ら顔が治るのか不安の方でも一度試してみると何かしらの効果を感じることができるでしょう。

 

私は、使用してすぐに保湿効果を感じることができ、乾燥に悩まなくなりました。1週間ほどから潤いのある肌へ変わっていき、継続すれば赤ら顔も治ると信じて今も使い続けています。

赤ら顔対策美容液のアカラフォーミュラがなぜ赤ら顔に良いのか?

Nu:アカラフォーミュラには、

  1. セイヨウサンザシエキス:毛細血管のうっ血を抑制、皮膚の炎症を軽減させるなどの働きがあると言われています。
  2. アルニカ花エキス:血液の末しょう循環を促進する働きがあると言われています。
  3. 水溶性コラーゲン:一般の化粧品に比べ約20倍以上使用。
  4. ヒアルロン酸:保湿力アップ

赤ら顔ティーチャー

が含まれています。更に無添加。界面活性剤、殺菌剤、着色剤、ホルモン、動物由来成分、合成樹脂、防腐剤、重金化合物、アルコール、酸化防止剤を使用していないのです。更には、エアレス式容器といって、容器の中身が空気に触れない構造になっている容器が使用していて、雑菌の侵入、劣化を防いでくれています。Nu:アカラフォーミュラは余計な刺激がなく、赤ら顔改善に良いとされる成分を摂ることができる赤ら顔対策美容液。

Nu:アカラフォーミュラにはトライアルセットもありますが、トライアルセットは、一見お得感がありますが、正直言ってどれもこれもが中途半端になってしまいます。トライアルセットの石鹸を少量で試してみたり、ピーリングタオルを試してみたり・・・そしてNu:アカラフォーミュラを少量で試してみたり…色々いきなり変えすぎると肌もビックリしてしまうと思いますし、後のことを考えるとコスト的に続けていくのが大変です。それに、少量なので、赤ら顔に効いているのがどうかわかる前に全部無くなってしまいます。仮に良かったにしてもどのアイテムが良かったのかの判別も難しくなってしまいます。赤ら顔を治したい!治す!このことだけを考えるなら、余計な物に目を奪われることなく、Nu:アカラフォーミュラ(赤ら顔対策美容液)の通常容量50mlを買うべきだと思います。通常容量(50ml)はだいたい1ヵ月〜1ヵ月半分です。これくらい使い続ければ自分の赤ら顔に効果があるのか何となく感覚でわかると思います。それでその後続けるかどうかを判断すればよいのかなと。一番強く思うのは…赤ら顔とはいえ、今まで悩み続けて大事にしてきた肌。デリケートであることも理解していると思います。いきなり洗顔も、ピーリングも…なんてちょっと怖いですからね。まずは、無添加で雑菌対策もバッチリで赤ら顔に良い成分をとることができるNu:アカラフォーミュラ(赤ら顔対策美容液)だけを今までのスキンケア習慣に1ヵ月から1か月半加えてみる。それで自分の赤ら顔が治るのか…改善の傾向が見えるのか…様子を見る。そこからですね!!

カルグルト

今でも飲んでいる、赤ら顔対策にもなる乳酸菌の商品。何事も内側から改善…みたいな感じでそっちの方が良いといわれることが多いですけど、赤ら顔に関しては、直接その効果を感じやすいには、美容液や化粧水のように肌に直接つけるものですね。

 

ただ、カルグルトはジュースレベルにおいしいので腸内環境を整えること…そしてそれにより肌を良い状態にする…そして、赤ら顔の改善へ…ということもあり、飲んでいた方がいいのだろうなというのはカラダで感じています。

カルグルト購入者の感想・レビュー
身体の内側から赤ら顔改善を考えてみた。

カルグルト体験者

顔が良く火照って、赤ら顔になってしまうことが頻繁にあります。

 

精神的なこともあるのかもしれないけど、顔が頻繁に火照る時って大体、食生活が乱れていることが多いなと感じていたんです。

 

キチンとした食生活を心がけようと頑張っている時は、私はヨーグルトを欠かしません。腸内環境が良ければ、それは肌にも出るというのは何となく経験で感じています。

 

肌の調子の良し悪しが、顔が頻繁に火照るかそうではないか…なのです。私の場合。

 

でも、毎日ヨーグルト食べるのめんどくさいし、続かないし、でも乳酸菌を何とかしないとナ…と思い悩んでいた時に、「常に赤みが気になる」などの見た目の印象で悩んでいないか?そのための商品ですよという乳酸菌の商品を見つけました。

 

初回ならば980円で1箱(1ヵ月分)試せるということだったので、申し込んだのが始まりです。

 

calgurt(カルグルト)届いた時の状態
calgurt(カルグルト)っていう商品です。
calgurt(カルグルト)利用者の声
利用者の声が載っています。肌の調子が改善したという声が多いです。便秘が解消してお肌の吹き出物が無くなったというような話は良くありますからね。

 

私の食生活が乱れていて赤ら顔が頻発してしまう状態も、腸の不調の結果によるものだとしたら、腸内環境を整えることで、何らかの変化が期待できるということもうなずけたのです。

 

毎日カルグルトチェックシートとごあいさつ
右のは毎日カルグルトチェックシートというものです。お通じはどうか?肌の調子はどうか?疲れやすさはどうか?身体は軽くなったか?をチェックできます。
確かに、こういうチェックを毎日していくのは、calgurt(カルグルト)の効果を測る上で良いことですよね。

 

calgurt(カルグルト)読本
calgurt(カルグルト)という商品の特徴について書かれています。私は、ただ「常に赤みが気になる」人向けの商品だということで興味を持ちました。

 

でもcalgurt(カルグルト)は、乳酸菌商品としてもかなりすごいのです。後から知ったのですが(汗)

 

5種類の乳酸菌を摂ることができて、そのうちの一つ、乳酸菌抽出物LFKは赤ちゃん由来で小腸で働くらしい。世界初を含む6つの特許も取得していて・・・おおすげ〜〜ってなります。

 

乳酸菌抽出物LFKの他にも、ガセリ菌、ラブレ菌などが入っていて、calgurt(カルグルト)は小腸、大腸、十二指腸で働くらしい。

 

普通にただ、ヨーグルトを食べているだけだったら一種類の乳酸菌しか摂ることができません。乳酸菌には人それぞれに合う合わないがあると言いますし、また、小腸、大腸、十二指腸…どこが乳酸菌を欲していて、そこにキチンと働きかけることができているのかも重要ですからね。

 

そう考えると普通にヨーグルトを食べているよりもcalgurt(カルグルト)の方が腸への影響力はあると言えそうです。

 

calgurt(カルグルト)の外箱
calgurt(カルグルト)1か月分30包
1ヵ月分30包ってかなりの量です。
calgurt(カルグルト)を水に溶かした状態
シェイカーで混ぜて飲むと書いてあるので、以前に何かのグリーンスムージーについていたシェイカーを使用しました。粉はヨーグルトの香りがします。ヨーグルトと言っても、普通のヨーグルトの香りというよりは、お菓子の明治ブルガリアヨーグルトソフトキャンディのような美味しそうな香りに近いです。

 

水には混ざりにくいですね。スプーンでかき混ぜてもダマになります。シェイカーが一番だと思います。

 

飲むと、ただただ美味しいです。お菓子の明治ブルガリアヨーグルトソフトキャンディが飲み物になったかのようです。

 

ややねっとりしていて、それがまた腸に良さそうです。程よく酸味があります。粉をシェイカーに入れて混ぜて飲むだけなので簡単です。

 

さっきも書きましたけど、これで普通にヨーグルトを食べるよりもよりよい影響が期待できます。しかも、美味しいし簡単。

 

初回購入じゃなくても、一日あたり133円なので、常に腸内環境を整えた状態をキープするための出費としては問題ないレベルですよね・・・。よければ続けることができる金額ですよね。肌もそうだけど健康のためにもね。

 

肌の不調ってどうしても化粧水とか美容液のことばかり考えてしまいますけど、こういった内側からのケアも見直してみると良いと思うんですよね。

 

腸内環境が悪い→赤ら顔という形で肌の不調が出てしまう
もしかしたらそうなのかも…と思い当たるのでしたら、980円でcalgurt(カルグルト)を一ヶ月飲んでみて様子を見てみると良いと思います。

原材料名/ブドウ糖、有胞子性乳酸菌末(乳糖、有胞子性乳酸菌)、乳酸菌末、ビフィズス菌末、乳酸菌抽出物(卵を含む)、増粘多糖類、酸味料、香料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、ネオテーム)

カルグルト公式サイト(980円で1ヵ月体験)
http://www.lvwellness.jp/calgurt

胃の不快感に「カルグルト」

若い頃から好きなものを好きなだけ食べている私ですが、今までは体には異常がでていなかったので特に気にしていませんでした。ですが最近、胃の調子が悪くなってしまったのか、空腹状態でも満腹状態でも関係なく胃に不快感を感じるようになりました。

 

市販の胃腸薬をいくつか試してみたのですが、効果はイマイチでした。そこで、ネットで評判の良かった「カルグルト」を試してみました。薬というよりは乳酸菌の力で胃をサポートしてくれる健康補助食品の1つという感じです。

 

このようなものは効果を感じるのにはある程度期間がかかると思っていたのですが、「カルグルト」はすぐに効果を感じることができ、気になっていた胃の不快感を2日で治すことができました。

カルグルトの体全体への効果

私は小さな頃からお腹が痛くなりやすくなる体質で、頻繁に胃腸薬を飲んでいました。胃の調子が悪くなると体の様々部分に影響がでます。私は胃の調子により顔に影響がでてしまいやすく、赤くなったりブツブツができたり、もう大変です。

 

その悪影響を防ぎたいと思い「カルグルト」という乳酸菌で体を綺麗にしてくれるサポート食品を飲むようになりました。一か八かで1か月試し、私は「カルグルト」を続けて本当に良かったと思っています。胃の不調が驚くように改善し、それにより顔の赤みやブツブツがでなくなりました。

 

乳酸菌が凄いというよりは「カルグルト」が凄いですね。生きた乳酸菌を胃腸まで届けてくれ、体全体の調子を整えてくれる、私には欠かせないものになっています。

カルグルトが潤いを与えてくれた

乾燥しやすい肌の私を救ってくれたのが「カルグルト」です。身体は外から綺麗にするだけでなく、中からも綺麗にしないといけないことがわかりました。乾燥しやすいので保湿効果の高いクリームを何度も試したのですが、イマイチ肌に潤いを感じることができませんでした。

 

正直、カルグルトを試す前の私の考えは「どうせ目にみえる効果なんてなく終わるんだろうな」と効果を信じていませんでした。

 

そんな中で高いクリームを使ってもでなかった潤いを身体の中から与えてくれる「カルグルト」には感謝しかありません。乳酸菌が人の体にとってどれほど優れているものかもわかったので、カルグルトに頼るだけでなく、ヨーグルトからも乳酸菌を摂取しようと思います。

白漢しろ彩公式サイト
http://b-shiki.jp/shirosai/
ULUシェイクモイストミルク公式サイト
http://www.dryskin-lab.co.jp/
Nu:アカラフォーミュラ公式サイト
http://www.nouvelle-cosmetiques.com/
カルグルト公式サイト
http://www.lvwellness.jp/calgurt

赤ら顔の原因とは

ここで取り上げている赤ら顔は、いわゆる赤面症ではありません。「いつも顔が赤い」ということで悩むいわゆる赤ら顔についてです。

 

赤ら顔の原因は色々と言われていますが、

  1. 皮膚が薄くなって血管が浮き出やすくなってしまっていることで起こる
  2. ニキビが赤く炎症をおこしていて結果赤く見えてしまう

などが一般的には言われています。実際に赤ら顔に悩んでいた私の場合、1に該当すると思います。

 

私は、中学生の時、部活でひどい日焼けをしてしまい、それをすぐに治そうと知識なく、薬局で日焼けを鎮めるローションをやみくもに塗り続けたことが悩み始める最初でした。肌が傷んでいる時に、知識なしに無理やり外部からな色々なことをしてしまったために、赤ら顔になってしまったと推測できました。←今だからわかることだけど。

 

ユミ

その後、赤ら顔がやたらと気になりだして、気になりだしたら「あれはどうだろう?」「これはどうだろう?」と言った具合に、ニキビケアの薬から化粧水までありとあらゆるものを塗りまくってしまいました。半ばやけになって、理論とかそういうことなしに何でも試してしまっていました。

中には、刺激の強いものや、肌に合わなかったものもあったと思います。

 

そんなことを繰り返しているうちに、赤ら顔はどんどんひどくなっていきました。←高校生の頃です。

 

普段から気になるものだから、「今大丈夫かな?顔が赤くないかな?」と意識がどうしても顔に意識がいってしまっていました。それもまた悪循環でより一層顔を赤くしていたように思います。

 

ここで私から言いたいこと…

  1. 日焼け等々の時間が経てば収まる症状をすぐに解決しようとしては絶対に駄目!
  2. やみくもに色々な商品を試してはいけない!

ということです。

赤ら顔を治す方法、改善する方法ってあるの?

ユミ

当たり前のことをまず書きますが、一番はまず皮膚科を受診するということでしょう。ですが、「私自身そうでしたが、恥ずかしくていけないんです!」

 

「赤ら顔で悩んでいます」この言葉がどうしても言えなかったのです。

 

だから、自分で色々方法を模索するしかありませんでした。私が中学生、高校生の頃はインターネットなどありませんでしたから、情報収集は美容雑誌などでした。だけど、ニキビなどはたくさん書かれていても赤ら顔については中々書かれていません。

 

情報が無いままに、勘で良いかもしれないと思うものを試しまくっていたのです。
間違ってもこのような私のようなことをしてはいけません。肌に合わないものや刺激の強いものを使用しまくってしまうと、赤ら顔はより一層ひどくなってしまいます。

 

どうすればよいのか?

まずおすすめしたいのが気にしないこと!

これには科学的根拠があったり、どこかで書かれていたわけではなく、私の経験によるものですが、気にすればするほど、赤ら顔はひどくなっていくように思います

 

気にすることで、良くない化粧品や洗顔をやみくもに試してしまうということも物理的にはあります。これは目に見えていけないことですが、それだけではなく、気にすればするほど、顔が赤くなっていってしまう・・・そんな悪循環を明らかに感じていました。

 

私が赤ら顔が治りだしたというか気にならなくなってきたのは23歳頃でした。このくらいの年齢になると赤ら顔が自然に収まってくるとかそういうことではなく、就職をして、仕事を始めることで、価値観が変わったといいますか赤ら顔を気にする余裕がなくなったといいますか・・・

 

今まで四六時中赤ら顔のことを考えていたのに、仕事のこととか、将来のこととかそういったことを考えることが増えたのです。

 

ユミ

 

結果的に、赤ら顔のことを気にする時間が減り、結果余計なスキンケアを悩みながらすることがなくなりました。

 

ただ、これは実はもしかしたら赤ら顔を治すことができるかもしれないという理論的根拠に基づいて敢えて行っていた行為でもありました。

 

この頃インターネットが流行り出して、そこで赤ら顔について色々調べまして、あることに興味を持ちました。

 

それは角質培養です。角質培養というのは外からの刺激などで薄くなってしまった角質細胞を成熟してくれるまで育てる。元の正常な角質層の厚さを取り戻すことで肌バリア機能を正常にしようという行為です。

 

私の赤ら顔にはまさにこれだ!って思ったのです。

 

赤ら顔を治そうとしてやみくもに洗顔や化粧品をつけまくったり、変えまくっていた過去・・・それにより角質細胞が薄くなってしまっているのだとすれば、角質培養をすれば赤ら顔を治すことができるかもしれない!って思いました。

私のようなケースの他にも、ニキビであるとか脂性であるとか色々な肌の悩みをなんとかしようとしてやみくもに洗顔や化粧品をつけまくった人は角質細胞が薄くなってしまっているかもしれません。それが原因で「暖房の効いた部屋だと顔が赤くなる」、「ほてりやすい」、「寒いところだと顔が赤くなる」などに発展してしまっている人もいることでしょう。

そういった顔が赤いという悩みにも角質培養という考え方は良いと思います。

 

そういうこともあって、やみくもに過剰なスキンケアをしないことで角質培養をしよう!って思ったのです。丁度それが仕事が大変だった時期と重なったので、今思えばよかったかなって思っています。

 

とはいえ、女なんで最低限のことはしなきゃいけない!角質培養と最低限のスキンケアを両立させるためには「余計な刺激物が入っていないもの」を使わなきゃいけない!と色々模索し続け、結果、今は白漢しろ彩という赤ら顔対策美容液を定期購入して使っています。

白漢しろ彩公式サイト
http://b-shiki.jp/shirosai/
ULUシェイクモイストミルク公式サイト
http://www.dryskin-lab.co.jp/
Nu:アカラフォーミュラ公式サイト
http://www.nouvelle-cosmetiques.com/
カルグルト公式サイト
http://www.lvwellness.jp/calgurt

執筆者について

ユミ

 

ユミ(アラフォー)
中学生の時に赤ら顔が気になりだし、迷走を始める。
かつで自らが赤ら顔で

 

 

☆「いつも顔が赤いね」、「常に顔が赤いよね?どうしてなの?」
☆初対面の人に「ユミちゃん顔が赤いよ。大丈夫?」

 

などと言われ辛い思いをした経験あり。
本サイトで多くの同じ悩みを持っている人の悩みが解消されればと思っている。

 

赤ら顔ティーチャー

 

赤ら顔ティーチャー
赤ら顔についてのメカニズムを独自に研究している。
うんちく大好き

 

※本サイトに掲載されていることは全て個人の経験や感想を含みます。全ての方に当てはまるというわけではありません。あらかじめご了承ください。

初めての赤ら顔カウンセリング

いつも顔が赤い、赤ら顔に悩んでいるあなた!

 

わかります。赤ら顔はニキビみたいに一般的な悩みじゃないから人に相談しにくいんですよね。

 

本気で赤ら顔を治したいなら、私に任せてください(^^)

 

赤ら顔ティーチャー


いつも顔が赤くて治したいのだけど、どうしたらいいの?

 

色々洗顔も試したし、化粧水も色々試したけど全然治りません(涙)

 

赤ら顔で顔が赤いと悩んでいる人


あなたがこれまでに試したのはどんな商品ですか?

 

赤ら顔のための商品を買っていますか?

 

赤ら顔ティーチャー


赤ら顔に効く商品をドラッグストアで探しましたけど、そんなのありませんでした。

 

だけど商品を見て、私の肌に良さそうだなと思ったものを色々試しました。

 

それなりに高額な高級スキンケアも試したけど全然良くなりません。

 

赤ら顔で顔が赤いと悩んでいる人


それじゃあ、いつまでたっても良くならないよ。

 

赤ら顔を治すには、赤ら顔専門の商品を使わなきゃ駄目だよ。

 

だって、赤ら顔には原因があるんだ。その原因に対してアプローチできる商品じゃなきゃ意味がないんだ。

 

赤ら顔ティーチャー


えっ!?赤ら顔ってなっている原因があるの?

 

じゃあ、それが解決できたらもしかしたら治るかもしれないってこと?

 

赤ら顔で顔が赤いと悩んでいる人


そうだよ!

 

赤ら顔は、血液の流れの滞り(うっ血)状態であったり、また、通常の人よりも肌が敏感でそれゆえに肌に合わない化粧品を使用したことが原因となっていたりなどと言われているんだ。

 

肌に合わない化粧品などで皮膚炎を繰り返してしまっていることで赤ら顔になるとも言われているんだ。

 

だから、それを改善できるスキンケアをしなきゃ駄目なんだ!どんな高級なコスメもこれを改善できなきゃ赤ら顔は治せないんだよ。

 

赤ら顔ティーチャー


そんなこと言っても、そんな商品知らないよ。

 

赤ら顔用スキンケアなんて私見たことないよ。

 

赤ら顔で顔が赤いと悩んでいる人


赤ら顔専用のスキンケアはあるんだ。赤ら顔に悩む人が少ないから大々的にCMされたりすることはないけどね。

 

赤ら顔専用のスキンケア商品で一番歴史があるのは、Nu:アカラフォーミュラという赤ら顔対策美容液だよ。

 

赤ら顔ティーチャー


ふ〜ん。この商品がなんで赤ら顔にいいのさ?

 

納得できなきゃ買えないよ。

 

赤ら顔で顔が赤いと悩んでいる人


Nu:アカラフォーミュラには毛細血管のうっ血を抑制して皮膚の炎症を軽減させることで知られているセイヨウサンザシエキスが入っているんだ。

 

他にも血行促進効果、抗炎症効果、鎮静効果があると言われているアルニカ花エキスも入っている。

 

これら2つは対赤ら顔成分と言っても良いものだ。その辺の一般的な化粧水には入っていないと思うよ。

 

で、Nu:アカラフォーミュラは無添加。あなたの今使っているスキンケア商品はどうですか?無添加ですか?

 

赤ら顔ティーチャー


い、いえ・・・キチンと確認はしてませんけど・・・

 

私は、赤ら顔について悩んでいたけど、知らなかったことがたくさんありました・・・

 

赤ら顔で顔が赤いと悩んでいる人


本気で赤ら顔を治したいと思っているのでしたら、これくらいの対処をすべきなんじゃないですか?

 

まずはそこから始めないと何も変わりませんよ。

 

赤ら顔ティーチャー


Nu:アカラフォーミュラの他にも、最近、赤ら顔専用の「白漢しろ彩」という化粧水も発売されて、赤ら顔に悩む人がかなり購入しています。

 

好みもあるかもしれないけど、価格的に、白漢しろ彩はNu:アカラフォーミュラの1/3くらいと非常に続けやすいです。

 

サイト管理人のユミさんは今は白漢しろ彩を使っているみたい。

 

コスパや使用感などうんちくだけでは解決しきれない当事者にしかわからない良さというのがあるのでしょうね…(><)。

 

とはいえ、白漢しろ彩は、顔の赤みを改善する効果があるといわれるフランスの地中海でとれる海洋性エキスを含み、独自の特許技術で生成されている理論的にしっかりとした商品

 

コスパ的に、まずは、白漢しろ彩から始めてみるというのも良いと思いますよ。ユミさんもお勧めしてますしね。

 

(参照)
白漢しろ彩公式サイト

 

赤ら顔ティーチャー


白漢しろ彩の他にも、最近は、ULUシェイクモイストミルクという赤ら顔対策美容液もあります。

 

ULUシェイクモイストミルクは、徹底的に外部からの刺激を無くそうという考え方に基づいています。ULUシェイクモイストミルクは洗顔にも使うことをお勧めされていて、それにより塩素刺激からも肌を隔離しようという商品です。

 

(参照)
ULUシェイクモイストミルク公式サイト

 

赤ら顔ティーチャー


私は本気で赤ら顔を治したいって思ってます。

 

まず最近よく売れてるっていう白漢しろ彩を試してみようかな。赤ら顔を改善するのに続けることが大事だと思うし、そうなったとき、コスパは無視できませんからね。

 

私は、人よりも肌が敏感だと思います。赤ら顔を治すにはそのことを自覚してお肌にそれ相応のことをしてあげなきゃ駄目だったんですね。

 

頑張ってみます!

 

赤ら顔で顔が赤いと悩んでいる人


赤ら顔を治した管理ユミの超実践!Q&A

赤ら顔治ったという人は本当にいるのですか?

私自身が赤ら顔に悩んでいましたので、周りの赤ら顔の人のその後というのはそれなりにチェックしています。私自身、中学生、高校生の頃が赤ら顔に悩んだピークだったと思うのですが、周りの赤ら顔だった人も大体そんな感じなのかなという気がします。

 

赤ら顔だった人が、その痕跡が全くないほどに青白くなるという人は見たことがありませんが、私を含め、皆、年齢を重ねるごとに赤ら顔は落ち着いていく傾向があるように思います。

 

今はネットで色々と赤ら顔対策の知識を入れることができるのももしかしたら大きいのかもしれません。

赤い顔を改善するための食生活はありますか?

内臓を健康に…要は身体によい食事が赤い顔を改善するための食事とイコールと考えてよいです。東洋医学では、身体の不調が顔色に出るといわれています。ちなみに顔が赤いのは心臓の不調のサインかもしれないといわれています。

 

ただ、顔が赤いことに悩んでいる人にとっては、このことは当てはまらない可能性が高いです。とはいえ、身体が正常ならば顔色も正常に(赤ら顔改善)なるはずだという考え方は直接関わっていないかもしれませんが、間違ってはいません。

 

注意すべきは、理想的な食生活ができていないからと言って、だから今私の赤ら顔はひどい…と思いこまないこと。経験者としては、赤ら顔に一番よくないのは思いこみです。

 

赤ら顔のことをキレイさっぱり忘れてしまうくらいが結果、一番の改善方法だと思いますよ。

赤ら顔が何やっても治らないのですが…

私の経験談も含みますが…最も赤ら顔が気になっている時は、全てが後手後手になってしまうので、すぐに治すのは難しいように思います。まず、一番やってはいけないのはパニックになって、手あたり次第に色々な化粧水、美容液等を試しまくらないこと。まぐれ当たりで数あるスキンケア商品の中から赤ら顔が治る商品に出会えるなんてことはまずありません。

 

正直言って赤ら顔を改善するためにできることは限られています。刺激の極めて少ない赤ら顔に良いとされる成分が含まれているスキンケア商品を過剰に期待しすぎることなく根気よく焦らず継続し続ける(角質培養)ことだけです。

 

今すぐ赤ら顔を治そうというのはおそらく無理です。やみくもにあれこれ手を尽くすのは結果的に赤ら顔を改善させるのを遅らせてしまうことになる可能性が高いことに留意すべきです。

赤ら顔に効く、改善するための化粧水はありますか?

本サイトで紹介させていただいていますが、白漢しろ彩は赤ら顔に悩む人のための化粧水です。赤ら顔の人にお勧めの化粧水としては余計な刺激物が入っておらず、赤ら顔を改善するといわれる成分が含まれているものです。世に出回っている多くの化粧水には、特に安価な物には、肌に対して刺激の強い成分が含まれている場合があります。また、赤ら顔に悩む人は少数派ですので、ついでに赤ら顔に良いといわれる成分が含まれているということも少ないです。ですから、赤ら顔の方向けの化粧水を使うというのは良い選択であるといえます。
白漢しろ彩で、肌への刺激を最小限に、それでいて赤ら顔に良いとされる成分をコツコツ染み込ませながら、角質培養という意識を持ってスキンケアされるのが良いでしょう。

高校生男子です。赤ら顔に悩んでいます。治す方法はありますか?

赤ら顔は、少数派の悩み…顔が赤いと、田舎者っぽく思われるとか、垢ぬけていない気がするなど思ってしまいますよね。すぐに治したいという気持ちは痛いほどわかりますが、一番よくないのは悩みすぎること。そして、悩みすぎた結果としてやみくもに色々なスキンケア商品を過剰につけてしまうこと。試しまくってしまうこと。

 

赤ら顔は少数派ではあるかもしれませんが、一定割合悩んでいる人がいます。まずは悩んでいるのは自分だけではないという事実を把握することから始めましょう。

 

そして、すぐに治るものではないということも把握しておくべきでしょう。じわじわと少しづつ赤ら顔を改善させていくしかないということを肝に銘じ、何かしらスキンケアに取り組むのであれば、余計な物が入っておらず、赤ら顔に対しての成分が含まれている白漢しろ彩を毎日つけて、赤ら顔に良い成分をすり込みながら優しく肌の角質培養をすることからはじめるのが良いでしょう。

日焼けをしていないのに顔が赤いです。

いわゆる赤ら顔であれば、本サイトで書かわれているような流れでコツコツじわじわと赤ら顔改善対策をすることをおすすめします。そうではなく、突然顔が赤くなってしまった場合、何かしらのアレルギーであるとか病気の場合もありますので、医師の診断を仰ぐ必要があるかもしれません。

赤みがかった顔どうしたら良いか?治したいです。

現状そういう状態なのであれば、何かをすることでパッと改善するということを期待すべきではありません。気にしすぎてしまうことであれやこれやと対策することが逆に肌の皮膚を薄くしたり、傷つけてしまっていることもあります。角質培養を心がけるというのも一つの改善方法として挙げることができます。

 

洗浄能力の強すぎる洗顔を止め、余計な物が入っておらず、赤ら顔に対しての成分が含まれている白漢しろ彩で角質培養を心がける…。

 

赤みがかった顔というのは、皮膚が薄い、薄くしてしまったというケースも多々あります。皮膚の皮を厚くするための対策をすることからはじめてみてはいかがでしょうか?

海外輸入品で赤ら顔対策のクリームを見つけました。これって良いのでしょうか?

日本人は黄色人種。一方、海外では白人が多くいます。白人は、黄色人種以上に赤ら顔に悩む人が多いと言われています。肌の色が白いと、血行の色が目立ちやすいです。

 

色の白さと血の色とのバランスを考えると、そのことは理解しやすいかなと思います。

 

私自身、10年以上前、とある海外輸入された赤ら顔対策クリームを使用していたことがあります。当時は、赤ら顔に関する知識がなく、また、日本に赤ら顔対策商品自体がなかったということもあり、藁にもすがる気持ちで飛びついたのです。

 

しばらく使用していましたが、効果はよくわからないままに利用することを辞めてしまいました。それはなぜか…?

 

なぜ、その赤ら顔対策クリームが赤ら顔改善に良いのかその理論がわからなかったということが一番大きかったです。その商品に関する具体的な説明が掲載されている雑誌には書かれていなかったし、また商品は外国語での説明でしたので、理解ができませんでした。

 

もしかしたら、良い商品だったのかもしれませんが、理論的にしっかりとした良い商品なのかどうかも判別することが出来ませんでした。そんな商品を盲目的に使い続けて…果たして良い結果を得ることが出来ていたのか?もしかしたら、私の肌に合わない、刺激のある成分が含まれていてさらに赤ら顔を悪くしてしまっていたのではないか…いろいろと疑念は尽きません。

 

赤ら顔対策商品は、自分自身がその改善理論に納得して購入するのが一番大事です。

赤ら顔を治すために美顔器はどうかなぁと考えています。効果ありますか?

美顔器にも色々な種類があります。ですから、一概にこうであると断言することはできません。

 

色々と有名な美顔器を見て、主に書かれている対策をまとめてみました。

  • DHC/(パーフェクトウェーブ)ゆるみ、もたつき、口元の年齢サイン、(DHCダイヤモンドリフト)くすみ、目元の年齢サイン、毛穴
  • トリア/(トリア・スキン エイジングケアレーザー)ハリ不足、キメの乱れ、エイジング肌対策
  • フィリップス/(ビザピュアアドバンス)フェイスラインの肌のたるみ、くすみ、肌の毛穴
  • MTG/(ReFa CARAT) ハリと艶のある引き締まった肌へ
  • エムロック/(ケノン)?フラッシュ美顔器
  • スマートピール/(スマートピール)深層保湿、リフトアップ

御覧のように、美顔器で赤ら顔対策の美顔器ですと謳っているものは皆無であるといってよい現状です。

 

ほとんどの美顔器の目的としては、「アンチエイジング」、「洗顔強化」、「引き締め」、「肌の調子を整える」…これらいずれかに該当するといってよいです。

 

これらは、ほとんどの人の肌の悩みに当てはまるものですが、赤ら顔に関しては、一筋縄にはいきません。

 

  • 洗顔強化に関しては最も注意が必要です。ただでさえ、皮膚が薄くなってしまって、赤ら顔であるのに、洗顔を強化してしまっては、さらに症状を悪化させてしまう可能性があるからです。
  • アンチエイジングは、加齢による肌トラブルに対するケアということですので、適切なアンチエイジングができる美顔器なのであれば、赤ら顔にとって悪い影響は少ないように思えます。ただ、こちらも、肌を薄くするような刺激、肌に負担をかけてしまうような刺激である場合には使用を控えたほうが良い場合もあります。
  • 引き締めに関しては、肌の薄さに関してアプローチしているわけではないですし、筋肉への刺激、活性により、赤ら顔への好影響・肌質改善も可能性がありますので、アリかなと思います。ただし、赤ら顔に悩む患部に過剰な期待をかけてやりすぎるのは禁物です。赤ら顔が気にならない部分に使用することで、肝心の赤ら顔部分への好影響を期待するという使い方が失敗することなくおすすめです。
  • 肌の調子を整えるというのも、文字通りであれば赤ら顔に良いといえますが、薄い肌、刺激に弱くなってしまっている肌に対して大丈夫なケアなのかを考えたほうが良いです。

 

赤ら顔というのは、皮膚が薄くなっている、肌トラブルを抱えているなどという状態が見た目に現れたものです。美顔器は、全般的に、肌に刺激を与えることでアプローチします。ですから、(一般的な)美顔器全般が赤ら顔改善を目的として使用するべきではないと私は思います。

 

実をいうと私自身も、根拠なく、美顔器をいくつか試した過去があります。ですが、赤ら顔が改善することはありませんでした。むしろ、気にしてしまう度合いが強まってしまって効果はむしろマイナスでした。

温水(ぬるま湯)と冷水を交互に使用して洗顔すると毛細血管が正常になるから赤ら顔改善になると聞いたのですが改善が見られないです…(涙)

理論的にはそういう効果があるのだと思います。ですが、赤ら顔対策というのは、筋トレなどと同じように考えるべきではありません。そういった効果があるのだからとそれを信じて頑張れば頑張るほど改善の方向へ向かっていくというものではありません。

 

スキンケアは人それぞれの肌の性質やコンディションに応じた方法や塩梅があるのです。私も当然、試したことがあります。結果は…いわゆる完全なる3日坊主で終わってしまいました。

 

適度にそういうことをすれば良いのかなぁという実感はやや感じることができましたが、皮膚を意識しすぎてしまうというか、皮膚を厚くして安定感を出すという面では、しっくりくる感覚を得られなかったのです。

 

私にとってはそれより角質培養の理論の方がしっくりきました。私の弱い肌には、出来る限り刺激を入れることなく、正常な状態に近づけながら角質培養で皮膚を厚くしていくという考え方です。

 

それを実践するために白漢しろ彩が役立っているという感じです。

 

ULUシェイクモイストミルクという赤ら顔対策美容液がありますが、そのパンフレットには、水道水に含まれる塩素すら刺激であると書かれています。

 

温水(ぬるま湯)と冷水を交互に使用というのは、塩素刺激を顔が受けるということ。理論上良いからと言って、それをやりすぎるということは塩素刺激を増やしてしまうということでもあると理解した方が良いでしょう。

 

ただ、私自身、洗顔は、基本洗顔料無しでぬるま湯、もしくは冷水でしていますし、たまに温冷交互に洗顔することもあります。

 

冷たすぎる水、熱すぎるお湯での洗顔は水温自体が刺激となりますので避けた方が良いです。

白漢しろ彩公式サイト
http://b-shiki.jp/shirosai/
ULUシェイクモイストミルク公式サイト
http://www.dryskin-lab.co.jp/
Nu:アカラフォーミュラ公式サイト
http://www.nouvelle-cosmetiques.com/
カルグルト公式サイト
http://www.lvwellness.jp/calgurt

赤ら顔完全網羅!赤ら顔概論

赤ら顔にも色々ある。その種類について。対策は?取り組むべきことは?

  • 赤面症

    恥ずかしい思いをした際、顔が赤くなってしまうのは、いわゆる赤面症であるといえます。恥ずかしい思いをするというのは極度の緊張・ストレスが掛かっている状態です。それにより顔の血液量が増すことで一時的に顔が赤くなります。

     

    誰しもがある程度あることで、特に赤面症で悩んでいる方はその度合いが大きいといえます。赤面症の場合、本サイトでメインとしているテーマ赤ら顔とはややニュアンスが異なります。普段から顔が赤いというわけではなく、肌トラブルではないからです。

     

    スキンケアでの対策ではなく、メンタル面での取り組みをすることがベターな改善方法となります。

  • 気温差で火照ることで顔が赤くなる

    寒すぎる環境、もしくは、寒い環境から暖かい環境(暖房の効いた部屋)へ移った時などに、顔が熱くなり、顔が赤くなる、顔が火照るという人がいらっしゃいます。

     

    こういった方は、皮膚が薄いことが原因として考えられます。人は環境に応じて血液量や血管の拡張具合が変化します。皮膚が薄いとその変化を見た目に如実に表してしまいます。

     

    (何等かの肌トラブルで)顔がいつも赤いと悩んでいる人にも、この傾向は同様にある場合が多いです。

     

    顔が赤いと悩んでいる人は特に意識が顔に集中しがちになりますので、このように一般的に良く知られた顔が火照る環境にも心身ともに敏感に反応してしまうからです。

     

    また、オフィスワーク等で、冬は常に強めの暖房の下にいるという人にとっては、赤面症のように一時的な悩みであるとも言えません。強めの暖房の下に居続け、その環境がメインということになりますと、顔が常に赤いという風に思われてしまうかもしれないからです。

     

    改善策、解決策としては、皮膚を厚くする取り組み、スキンケアが良いです。余計な成分を顔に与えず、必要以上に脂分を取り除くことの無いスキンケア(角質培養)を心がけましょう。

     

    細胞培養は、短期間でなし得るものではありません。今までの刺激、習慣を改善し続けることでジワジワと肌質を改善させていくように意識して気長に取り組む必要があります。

  • 肌荒れ

    肌荒れはわかりやすい肌トラブルです。肌荒れの場合は、自分自身でここ最近変わったこと(洗顔・化粧品の変更など)は無かったかまずは振り返ってみましょう。

     

    その上で、その肌荒れを鎮める、もともとの肌荒れの無い状態に持っていくにはどうしたらよいかを考えるべきです。

     

    赤ら顔が(短期的な)肌荒れである場合、原因を特定して、適切な処置・対応をすれば赤ら顔は改善されます。

  • ニキビが原因で顔が赤っぽい赤ら顔になっている

    ニキビが原因の場合は、ニキビそのものを改善させる必要があります。自分の顔をまず、しっかりと確認してみましょう。顔全体として赤ら顔であると認識してしまっているかもしれませんが、良く見ると、赤いニキビが目立っていて、赤いニキビの割合が多いから全体として赤ら顔という状態かもしれません。

     

    赤ニキビでない箇所の肌の色をしっかりと確認してみましょう。赤ニキビでない箇所の肌の色が赤ではない場合は、赤ニキビを治せば赤ら顔は改善します。

     

    この場合、私が本サイトで書いてきている赤ら顔改善対策が適切ではない場合が多いです。ニキビケア対策が有効であるといえます。

  • 脂漏性皮膚炎により顔が赤く見える

    皮脂中にはトリグリセリド含まれていますが、それが真菌(癜風菌というマラセチア属真菌が主)により分解されることで遊離脂肪酸が生じますが、その遊離脂肪酸が皮膚を刺激してしまうことで皮膚炎をおこしてしまっている状態と言われています。

     

    ニキビを伴うこともある。そのニキビ、また、炎症そのものの赤さから顔が赤く見える…赤ら顔という状態。

     

    基本的には、病院へ行くことをお勧めします。病院ではステロイドで炎症を抑えたり、抗真菌薬でマラセチア属真菌を撃退するなどの対策をしてくれるのが一般的です。

     

    ただ、全員が治療により満足のいく結果を得られるわけではなかったり、一度治っても再発してしまうこともあります。根本的に大事なのは、自らが、脂漏性皮膚炎にならない心がけ・習慣を身に着けるということです。

     

    それは、本サイトで繰り返し提唱している皮膚に余計な刺激(化学成分等)を与えない、皮膚を薄くしない、必要以上に脂分を洗い落とさない、脂分を多く含む食事を控えるなどの心掛けが大切で、中には軽度の脂漏性皮膚炎ならばセルフケアで改善する人もいるといわれています。

  • その他…

    これら以外にもアトピー性皮膚炎等々、赤ら顔の原因が考えられます。

     

    例えば、アトピー性皮膚炎が原因の赤ら顔の場合、私が行ってきた赤ら顔対策が良いとは限りません。病院ではアトピーが原因の赤ら顔はフラッシュ光線での治療が行われます。

     

    赤ら顔というのは、あくまで、見た目を表現しているものであって、その原因は多岐にわたります。ですから、赤ら顔で悩んでいる人は、まず、自分の赤ら顔が何によるものなのかを特定することから始める必要があります。

  • 私の赤ら顔はどれだったのか…?

    お勧めするわけではありませんが、私は、赤ら顔を医師に相談したことはありません。ただ、色々と勉強し、また情報を得て…

     

    私の赤ら顔はパニックになって余計な刺激を与え続けたこと、理論無しに顔を洗いすぎて皮膚を薄くしてしまったことで軽度の脂漏性皮膚炎になってしまっていたのだと想像できます。

どんな人が赤ら顔になりやすいのか?悩んでいるのか?

  • 外からの刺激に弱い・敏感

    洗顔料・化粧品などスキンケア、身だしなみとして、疑問を感じることなく使っている人が多いと思います。しかし、それら洗顔料・化粧品に、皮膚に対して良くない刺激を与える成分が含まれている場合があります。

     

    多くの人にとって何の問題もないから販売停止になるようなことが無くても、外からの刺激に弱いあなたにとっては、赤ら顔という健康的にはそれほど深刻ではないけど辛い悩みとなって表れてしまう場合があります。

  • 気にしすぎることでの後手後手の逆効果

    赤ら顔を気にしだすと、キリがありませんし、頑張りが空回りしてしまいますし、冷静さを欠いて血迷った対策をしてしまうこともあります。

     

    洗顔が不十分だからなのではないか?と洗顔の回数を増やしたり、ついつい力を強めて洗顔したり、このクリームで赤ら顔が治るのではないかと良く分からないクリーム、化粧水を試しまくったり、塗りまくったり…藁にもすがるような思いなことが逆に赤ら顔をひどくしてしまうことがあります。

     

    赤ら顔対策と言われていない(安価な)商品を試すことは、皮膚に対して良くない刺激を与えることになり、肌トラブル(赤ら顔)をひどくしてしまうことにつながりますし、洗顔の回数を増やしたり、力を強めてしまうことは、皮膚を薄くしてしまい赤ら顔を加速させてしまうことにつながります。

白漢しろ彩公式サイト
http://b-shiki.jp/shirosai/
ULUシェイクモイストミルク公式サイト
http://www.dryskin-lab.co.jp/
Nu:アカラフォーミュラ公式サイト
http://www.nouvelle-cosmetiques.com/
カルグルト公式サイト
http://www.lvwellness.jp/calgurt

このエントリーをはてなブックマークに追加